2015.09.07

無農薬レモンの秋がやってきた!

LINEで送る
Pocket

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

無農薬レモンの秋がやってきた!

広島高根島で育てられた爽やかなグリーンレモン

レモン1

国産レモンといえば、「広島レモン」。生産量国内ナンバー1を誇るのが広島産というのはご存知ですか?

広島レモンは、温暖な気候のため年間通じて出荷され、露地ものは10月から。10月から12月はグリーンレモンと呼ばれ、果皮が緑色のまま出荷されます。黄色に比べて少し果汁は少な目ですが、その分酸味がやや強め、薫りが高く清涼感はばつぐん。

1月からは5月までは通常の黄色いレモンが出荷されます。5月から9月はハウスものの出番。年間通じて、国産のレモンが楽しめるわけですね。しかし、生産量は輸入に比べ少な目なので、ほとんどが地産地消されてしまうくらいの生産量だそう。

レモン2

レモンといえば、輸入品が安くて手軽にスーパーで買えるイメージですが、実はポストハーベスト農薬(収穫後の農産物に使用する殺菌剤防かび剤などのこと。国内では使用禁止だが、米国をはじめとする諸外国から輸入されている果物等は、収穫後に倉庫や輸送中にカビ等の繁殖を防止するために薬剤が散布されることがある。)の心配がつきものです。

しかし、この広島高根島産の無農薬レモンは、化学合成農薬および有機農薬を一切使用せず、無農薬で栽培されているので、皮まで安心してまるごと頂けます!

レモンには、大量のビタミンCが含まれていることはもちろんのこと、近年の研究でレモン果汁中に豊富に含まれるフラボノイド、特にエリオシトリンが食後の脂質代謝に非常に有効であることが発表され、ダイエットにもぴったりです。

レモン3
写真全てジュリエッタガーデンより(juliniwa.ocnk.net)

レモンが大好きで、レモン販売のためにサイトまで作ってしまった園芸家の国吉純さん、
“お酒に入れたり、グリーンレモンジャムを作ったり、レモンチェロの仕込みをしたい方々、
どうぞお見逃しなく!この時期ならではのレモンをどうぞお楽しみください。”

とおっしゃるように、無農薬ならではの果皮をまるごと使った保存食や酵素ジュースつくりや、炭酸水に輪切りをいれて流行りのデトックスジュースに、もちろん皮をすりおろしてお料理にと、いろいろ楽しめそうです♪
ぜひこのタイミングを逃さず、今年は無農薬の広島グリーンレモンを楽しんでみませんか?
『予約販売』国産(広島高根島産)農薬不使用レモン 1kg

販売価格: 1,650円(税別)
特別栽培基準防除。防腐剤、ワックス不使用。有機100%肥料を使っています。

ご購入は:セレクトショップ ジュリエッタガーデンhttp://juliniwa.ocnk.net/product/222

 

キュレーター Sachiko

この記事を書いたORGANAキュレーター

唐澤佐千子
唐澤佐千子オルガナ編集長
アンチエイジングフードマイスターリーダー。
雑誌・広告のスタイリスト・エディター〜公益法人理事を経て、オーガニックで丁寧な暮らしを提案するwebマガジンORGANA編集長。
高2DK、黒ラブ娘10歳、パートナーと二世帯暮らし。陶芸、ナンタケットバスケット、カルトナージュ、グルーデコなど手仕事大好き♪ヨット、ゴルフ、テニス、スキーはお付き合い程度な体育会系。
LINEで送る
Pocket