2015.09.29

毎日がカモミールセラピーな華密恋

LINEで送る
Pocket

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

毎日がカモミールセラピー。

 

カモミールのナチュラルオーガニックな化粧品で内側から癒される!

 

あまたあふれる化粧品、かつてのバブル時代に、パッケージや香りにイメージされてキレイになる自分を夢見てた人も、オルガノ女子に多いでは?

でもそんな時代ももう終わり。

時代はいかに自分の素肌の生命力をあげるか!の本質をわかっている女子も多くなってきています。

内なる肌のチカラを取り戻してあげる、そのお手伝いをするのが化粧品の役割です。

 

ご紹介する華密恋シリーズ、そんな女子たちの圧倒的な支持を得ているナチュラルスキンアイテムです。

 

原料のカモミールはは全て日本産。

長野県北安曇野池田町で栽培されているカミツレ(カモミール)を中心に作られています。

カモミールティーやお料理にももちろん使える安心感、ビオホテル第一号の八寿恵荘さんの近くにある工場まで見学をしてきました。

カモミール1

 

池田町のみなさんが、町をあげてカモミールやハーブを育てています。町の人全員がハーブを愛して、やまない雰囲気がお話しからもうかがえました。
こちらでは1年草のジャーマンカモミールを植えられているそうです。

 

カモミールは保湿作用の期待されるハーブ、取材した方のお肌も手もつやつやでうらやましいくらいでした。何しろ、毎日のようにカモミールにさわり、育てているのですから毎日がハーブセラピー、風邪もひかなくなったとのこと。

 

カモミールには、抗炎症・抗アレルギー作用に優れたα-ビサボロールやカマズレン、消炎・鎮静作用に優れたアピゲニン、さらに、ポリフェノールの一種であるフラボノイド成分も多く含まれており、荒れた肌を鎮める効果が期待されます。

カモミール2

材料のカモミール、お茶にしても美味しそう。。

カモミール3

熟成してます。エキスがたっぷり。

カモミール4

このクレンジング、使ったことがありますか?

カミツレエキスが高配合されている石けんベースのメイク落し、肌へのテクスチャーがとても柔らかく、贅沢するならたっぷり手にとってゆったりと大きくらせんを描くように使ってみてください。

汚れをじっくり浮き立たせながら、自然の芳香でまさにカモミールミルクセラピーを受けている感じです。

なじませた後は水かぬるま湯でよく流してあげてください。ごしごしは禁物です。

カモミール5

こちらは化粧水。自分で時間をかけて作ったカモミールのハーブティーで昔パッティングしていたのですが、それよりもぐっと香りも良く水分も入ってきます。

 

カモミールには全身の平滑筋をリラックスさせる力があるといわれています。

イライラや不眠、月経関連などの不調を楽にしてくれる効果もありますから40~50代の女性にもいいですね。

 

使用感は意外にもあとからどんどん広がる浸透感。はじめは水っぽい感覚ですが、塗布後しばらくすると肌の内側に水分を閉じ込めてくれる感じです。

カモミール6

仕上げにお勧めはモイストクリーム、美容クリームです。

花だけでなく茎や葉も用いて、非加熱でじっくり有効成分を抽出した独自の国産カミツレエキスがたっぷり配合されているからでしょうか?

シンプルな油膜が皮膚をカバーしてしっとりと守ってくれるのがわかります。

 

 

オーガニックコスメは本当に増えました。

こちら華密恋さんはそんな思いを抱きながら34年、まだ日本にオーガニックだ、ナチュラルだ!の旋風が来る前からひたすらにシンプルな製法を守ってきたブランドです。

しかも原材料のカミツレは全て国産。非加熱。

肌も畑と同じ、大事なのは化粧品やメーキャップすることではなく、いかに土=

肌をよくするか、活力をアップするかです。

そんな基本を後押ししてくれる化粧品選び、みなさんもしてみませんか?

 

華密恋 Kamitsuren オンラインショップ

http://www.kamitsure.jp/

 

ライター

JUNKO

この記事を書いたORGANAキュレーター

青木淳子
青木淳子
・オルガナ代表
・(社)日本アンチエイジングフード協会常任理事
・青山エルクリニック事務長
長野県中条の裏山、畑、田んぼ付きの古民家「美園居」で週末里山暮らしを実践。美しき自給自足生活を目指す。
ブログ:青木淳子の信州スタイル~花園居(かぞおのきょ)の週末暮らし~
http://blog.kazoonokyo.com/
LINEで送る
Pocket