2015.10.07

秋の夜長 ワインのお供に・・・スーパーフード「カカオニブ」

LINEで送る
Pocket

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

秋の夜長 ワインのお供に・・・スーパーフード「カカオニブ」

カカオは、東南アジアやアフリカ・中南米などで採れる植物で、チョコレートの原料で有名ですね。

カカオ-1

市販のチョコレートは、写真のカカオの実の中の豆を煎り、砕いて(カカオニブ)外皮を取り除き

さらにそれをすり潰してどろどろしたカカオマスにし、ミルクや砂糖・油脂を加えて作られているのです。ご存知でしたか?

カカオ2

このカカオ豆は代表的なスーパーフードの1つ。

近年その栄養効果が知られるようになってきました。

ビタミンCやマグネシウムやカルシウム、カリウム、鉄、亜鉛などのミネラルを豊富に含む他、

ポリフェノールが赤ワイン100mlに0.3g程度含まれているのに比べて0.8g含まれており、しかもその吸収度が非常に高いことが指摘されています(徳島大学寺山純二教授らによる実験)。

 

ガンや動脈硬化などの病気の原因を引き起こす活性酸素の働きを抑え、血中の悪玉コレステロールや酸化を防ぐ抗酸化作用があり、胃潰瘍やアレルギーの予防、ストレスにも効果があり、集中力や記憶力が上がることも検証されています。

 

さらにカカオバターの主成分であるステアリン酸は吸収率が低く低カロリーで、虫歯を抑制する効果まであると言われています。

加えて興味深いのは“幸福感”をもたらす神経伝達物質アナンダミドを含有する唯一の食材であるということです。

別名「ラブケミカル」と呼ばれるフェニルエチルアミンも含まれています。

チョコレートが多くの人に愛されている理由はそんなところにあるのかもしれませんね。

 

ただ健康効果があっても、市販のチョコレートは白砂糖や油脂類、乳製品、添加物などが大量に添加されていますから、体重増加や生活習慣病発症も心配。ダイエットや美肌・アンチエイジングを考えるとちょっと・・・とためらってしまいますね。

 

そこでお勧めしたいのがローカカオニブ!

カカオ3

ローはRaw、焙煎せず、天日や低温乾燥で作られているので、熱に弱いフェニルエチルアミンやビタミンCもしっかり摂ることができるのです。

 

おススメのカカオニブはこちら。

カカオ4

低温加工 ナビタス ナチュラルズローカカオニブ(227g)  \2,435

http://www.livinglifemarketplace.com/

カカオ5

拘りのバリの天日干し

BigTreeFarm ローカカオニブ(340g) \2,300

http://www.rawfood-lohas.com/index.shtml

 

甘味料は一切含まれていないのに コクがあってとびきり美味しいのです!

噛みごたえもあるので満腹中枢も刺激されて食欲も満たされますから、おやつ代わりに持ち歩くのにもぴったり!

 

ですが、この時期一番のおススメは、秋の夜長に赤ワインを片手に・・・!

赤ワインとカカオニブ 共にポリフェノールたっぷりの最強アンチエイジングコンビです。

 

同じくスーパーフードのゴジベリー(クコの実)と一緒に食べると優しい甘みと苦みとコクが広がり、更に幸福感が高まること間違いなしです。

ゴジベリーもビタミンB1・B2・Cやカルシウム・カリウム・亜鉛・鉄などのミネラル、 食物繊維が豊富ですから、万が一食べ過ぎてしまっても罪悪感無しなのもありがたいですね。

ただし健康とアンチエイジングのために 赤ワインは1~2杯程度で♪

 

 

ライター 城いつ子(リビングローフーディスト)

 

この記事を書いたORGANAキュレーター

城いつ子
城いつ子
アンチエイジングフードマイスター・リーダー。
栄養士、シードマイスター、ローフードマイスター、薬膳調整師、漢方コーディネーター、マクロビ焼き菓子マイスター、塩ソムリエ、クォンタムタッチヒーリング国際インストラクター、レイキティーチャー、各種フラワーエッセンスプラクティショナーなど。
桜蔭中高から日本女子大学家政学部食物学科卒業。
「未来の子供たちと青い地球を守りたい」を目標にフィジカル・メンタル・スピリチュアル 三位一体の健康を目指しヒーリングカウンセリングのワークショップ、RawVegan・グルテンフリーを中心とした食のクラス・食育クラスを開催。
社員研修講師・大学講師・司会・ナレーターの顔も持つ。
LINEで送る
Pocket