2015.10.24

手作り発酵調味料の王道!MY醤油を作ってみませんか?

LINEで送る
Pocket

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

 

手作り発酵調味料の王道!MY醤油を作ってみませんか?

12180046_1123217011039442_527647000_n

醤油は発酵調味料の一つとして、今、注目を集めていますが、本物の醤油、使っていますか?

 

醤油は本来「大豆・小麦・食塩(自然海塩)」と原材料名に書かれているものが、日本本来のお醤油。麹と酵母の力が沢山発揮されている日本の伝統調味料です。

 

キッチンに行って今使っているお醤油の裏にそう書かれていたら大丈夫。

 

でも、今、スーパーで安く売られているお醤油のほとんどは、「化学醤油」(アミノ酸醤油)と呼ばれる醤油だということをご存じでしたか?これらは果糖ブドウ糖液糖やカラメル色素などで作られた「醤油もどきシロップ」に近いものなのです。

「化学醤油(アミノ酸醤油)」では、麹の力の恩恵は受けられません。本来の醤油は麹菌や酵母の発酵の力で、大豆=たんぱく質を加水分解してアミノ酸に変え、その独特の旨味成分がでるものです。

ところがその加水分解を塩酸で行い、さらにこのアミノ酸液80%未満、本醸造しょうゆ20%以上を混ぜたものがアミノ酸液混合醤油となり、なんと2~3日でできてしまうしろものです。もちろん本当のお醤油は麹や酵母の力で発酵するので、半年から1年以上かかります。

この醤油風調味料は高度経済成長時代に生まれ、発酵食品ではないためすぐ腐るので、ソルビン酸や安息香酸ナトリウムなどの防腐剤・合成保存料が当然加えられています。

さらには、「新式醸造醤油」なるものも出てきて、アミノ酸液60%以下、本醸造しょうゆの混合率(ブレンド比)が40%以上、熟成期間10~40日間というものが出てきました。もちろん、脱脂加工大豆(油かすです)・カラメル色素・アミノ酸等・ブドウ糖果糖液糖・ステビアなどが原材料名に書いてあります。また、原材料となる大豆もGMO(遺伝子組み換え)のものだったり、ほとんどの場合農薬漬けの大豆が使われているでしょう。

これらの本物ではないお醤油、カラダに言い訳はありません。

 

あたりまえに毎日使う調味料をオーガニックに変えれば、それだけでカラダに取り込んでしまう化学製品の量を大きく減らすことができます。そして、うれしいことに本物は美味しいんです!

 

お醤油もお味噌も、実はこつを覚えれば、自分で作れるもの。

本物の安心安全な麹と大豆を使って、自家製醤油をつくってみませんか?

 

アンチエイジングフードマイスターであり、日本発酵文化協会認定 発酵プロフェッショナルでもある花巻ゆみさんのお醤油教室が開催されます。

麹や酵母のお話を聞きながら、自家製しょうゆをつくることができます。

さらに自家製醤油を使ったお料理も♪

大人気の講座なので、お申込みはお早目に!

 

『花巻ゆみの発酵教室~こだわりのMY醤油教室』

日時  11月25日 水曜日 13:00~16:30

場所  サンアイリスカルチャークラブ(お申込みの方に、詳しい住所をお伝えいたします)

講師  発酵プロフェッショナル・アンチエイジングフードマイスター 花巻 ゆみ(ゆみまる。)

受講料  10000円

講座内容 醤油造り実習 /搾りたての生醤油&醤油諸味を使ったレシピ紹介      お土産  各自仕込んだ醤油(出来上がり生揚げ醤油量1L弱)※完成には1年かかります。

 

 

【お申込み】以下のページからお申込みください。

https://www.facebook.com/events/937966686274971/

または

http://my-syouyu.com/

の申込みフォームから。

LINEで送る
Pocket