2016.09.23

【玲子先生の常備菜】秋なすを食べつくすお助け展開レシピ

LINEで送る
Pocket

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

「秋なすは嫁に食わすな」この言葉は皆さん、よくご存知ですね。 嫁いびりの言葉なのか、カラダを冷やすと子宝に恵まれないよ、という嫁を思いやる言葉なのか。諸説ありますが、私が気になったのは、茄子は夏野菜なのに、なんで秋茄子が美味しいと言われるのか、という事です。 露地栽培の茄子は春先に種をまき、初夏から秋まで収穫をします。夏の暑さはナスにとって非常に厳しい状態で花が咲いても正常な花粉をうまく作ることができずに、6割程度しか着果しないそうです。 「万にひとつの無駄もない」というのは、どうやらナスの花に限っては事実ではないようです。 さらには、暑いと光合成で得られたエネルギーの大半が呼吸で消費されてしまい、養分をたっぷりと蓄えたおいしい果実をたくさん着けることは、大変難しいと言われています。また、木が若い春の間はあまり収穫ができないし、栄養を木の生長に使う必要もあります。そのため、秋になってからの茄子の方がうまみ成分のアミノ酸や糖が増えるので、味のよい茄子をたくさん収穫できるそうです。 紫色の皮の主成分はナスニン(アントシアニン系色素)という強力な抗酸化物質で、コレステロールがたまらないようにしたり、動脈硬化の予防や眼精疲労回復の効果があるので、皮はむかずに丸ごと食べるといいですね。 生のナスを舌の先でなめると、わずかに渋みを感じます。これはクロロゲン酸というポリフェノール。この成分も抗酸化力が強く、血圧や血糖値を正常に保ったり、肝臓障害を予防する働きをしてくれます。 さて、茄子は焼く、煮る、炒める、揚げる、漬けると、どんな料理法でも持ち味が生かせる万能野菜になります。季節の野菜の秋なす・・・たくさんいただいても大丈夫な下ごしらえ・・・ご存じでしょうか?

【茄子の基本の下ごしらえ】塩漬け茄子 14444697_1211470385589781_4049190268576734393_o 茄子を沢山頂いたり、購入した時におすすめの保存は塩づけです。 14425404_1211470495589770_3211533229753177552_o 茄子を半分に切り全体に塩をまぶし、保存袋などに入れて全体がつかるように水を加え冷蔵庫で5日間ほど保存が可能です。 では、塩づけ茄子を使った展開レシピをご紹介します。

●茄子とみょうがの和え物 14424670_1211471098923043_3735405836785174177_o 【材料】 塩漬け茄子…2本 みょうが…2本 大葉…5枚 ポン酢…大さじ2 柚子胡椒…小さじ1/2 【作り方】 ①塩漬けの茄子を薄切り、みょうが、大葉は千切りにし合わせる。 ②ポン酢と柚子胡椒を合わせて①に和えて出来上がり。

●茄子の煮浸し 14425472_1211471672256319_7378236830625792295_o%e6%a8%aa 【材料】 塩漬け茄子…5本 油…大さじ2 ☆乾燥小エビ…大さじ1 ☆出汁…1カップ ☆てん菜糖…大さじ2 ☆醤油…大さじ2 ☆みりん…大さじ2 【作り方】 ① 塩漬け茄子の皮部分に斜めに切り目を入れ味が入りやすい様にする。 ② 鍋に☆印の材料を全て入れ煮立たせ、タッパーなどに移す。 ③ フライパンに油を入れ熱し、茄子を焼き、火が通ったら②に漬けて味が馴染んだら出来上がり。

●茄子のオープンオムレツ 14444622_1211471018923051_1729336513966636416_o 【材料】 塩漬け茄子…2本 玉ねぎ…1/2個 ピーマン…1個 卵…3個 牛乳…大さじ3 粉チーズ…大さじ2 塩、こしょう…適量 オリーブオイル…大さじ1 【作り方】 ①茄子は薄切り、玉ねぎ、ピーマンは1センチ位の角切りにする。 ②ボウルに卵、牛乳、粉チーズ、塩、こしょうを入れて混ぜ合わせる。 14372117_1211471038923049_1328691195762893136_o ③フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、①の材料を炒める。火が通ったところで、②を加えて卵がプツプツといってきたところで蓋をして火をとおしていく。(最初は強火で蓋をしてからは弱火にする) ④全体に火が通ったら出来上がり。

●茄子のディップ 14409537_1211922412211245_1172530023695190293_o   【材料】 塩漬け茄子…2本 ごま油…小さじ1 塩…小さじ1/2 レモン汁…大さじ1 【作り方】 材料を全てフードプロセッサーで撹拌させて出来上がり。 14444611_1211472082256278_8347223241672494282_o トーストにしたりクラッカーにのせて。 いかがでしたか? この秋は、塩漬け茄子からうまれたいろいろな秋なす常備菜で、秋茄子をたくさん召し上がってみてください♪   fb%e5%ba%83%e5%91%8a%e3%80%80%e5%89%8d%e8%b0%b7%e9%8e%8c%e5%80%89%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3_200px あなたの台所を「キッチン ファーマシー」する、日本アンチエイジングフード協会公認のアンチエイジングフード ジュニアマイスター レッスンが始まります。 色々と知識が入ってきても、いざ、自分の食事にどのように組み込めば良いのかで悩む方は多いはず。頑張らずに、毎日の食事で元気になれる為の常備菜をご紹介します。その日の夜から真似出来る鎌倉野菜と常備菜の美味しいランチを頂きながら、日本アンチエイジングフード協会のジュニアマイスターも取得できる充実感たっぷりの1Dayレッスンです。 大人気のこの講座、初回は11/27から。限定6名様です。 お申込みはこちらから・・・ 【公認アンチエイジングフード協会 ジュニアマイスターレッスン】 鎌倉 前谷レッスン 2016年11月27日(日)・2017年1月29日(日)・3月26日(日)・5月28日(日)

この記事を書いたORGANAキュレーター

前谷玲子
前谷玲子
アンチエイジングフードマイスター・リーダー。
料理研究家・フードプロデューサー
セミナーの講師、企業にレシピ考案、WEBを始め雑誌「STORY」など、多くの雑誌に紹介されていますまた、鎌倉のLIFE鎌倉DENTAL OFFICEにて「健口」を意識したセミナーを開催。
家庭では子供3人、犬2匹、猫1匹とお世話する人達が多い中、精力的に遊ぶために時間をやりくりする事に懸命です。そんな中で考えるレシピは簡単で手早く難しい事はないレシピになります。「ただ、作る。」「ただ、食べる。」だけではなく、そこにユーモアやスタイリッシュな要素を加えています。
LIFE BOX HP: http://lifebox-cooking.com/
LINEで送る
Pocket