食生活で乗り切る更年期障害~女性の悩みの救世主はアーモンド!

外見だけでなく、内面も充実し、美しく活躍するオーバー40の女性は輝いていて素敵です。

いつまでもナチュラルに若く美しくありたいと望んでいる一方で、年齢的にエストロゲンが減少し、ホルモンバランスの乱れが自律神経に影響し、ホットフラッシュや大量の汗に悩まされている女性も多いのでは?

%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e5%9b%b3%e8%a1%a8

カラダの変化だけでなく、仕事のストレスや子どもの独立、親の介護、更には夫の定年といった生活のリズムの変化による精神的ストレス、更には電磁波などの環境的なストレスも加わり、更年期障害(メノポーズ)は現れます。しかも最近は10代20代でも同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の女性が増えています。

過度なストレスや極端なダイエットや喫煙、不規則な生活・食事によってホルモンバランスが乱れていることが原因のひとつだと言われています。ストレスが溜まらないような生活の見直しも大切ですが、食生活を見直すことで症状を緩和することができます。日常的に気を配っていればnonメノポーズも夢ではありません。

女性の更年期は、「産む」という母性役割から解放されて、女性として再び花開く「再華期」といわれています。体調、体質が大きく変わり始める時期だからこそ、食をかえて体質改善してみませんか?

 

何を変える?更年期

%e7%a0%82%e7%b3%96

  • 砂糖の摂取を控えましょう。

精製された白砂糖は体を冷やします。血糖値の上下が激しいと精神的にキレやすくなることからも糖の摂りすぎは控えることが大切です。

  • 冷えを防ぐ

血液の循環によって、栄養や酸素は全身に運ばれ、また不要な老廃物などを取り去るので、血流が滞らないよう、体を冷やさないようにしましょう。このお年頃に気になるむくみや脂肪なども冷えが原因の場合があります。

  • 積極的にとりたい栄養素

では積極的に何を摂ればいいのでしょうか?
質のいい大豆製品や平飼いの卵、安全な魚などの蛋白質に加え、以下の栄養を摂取したいものです。
血行を促し、ホルモン分泌の状態を整えるビタミンE
ストレスの抵抗力を上げるビタミンC
自律神経のバランスを整えるビタミンB1
エストロゲンの代謝に欠かせないビタミンB6
骨を作るだけでなく、不安定な気持ちやイライラを静めるカルシウム
むくみを防ぎ、ストレスへの抵抗力を高めるマグネシウム
幸せホルモン「セロトニン」の原料となるトリプトファン
神経伝達物質「ドーパミン」の原料となるチロシン
脳の興奮を抑え、気持ちを落ち着かせるGABA
これらのものを毎日ちょっとずつ食から取れれば理想的です。

 

nonメノポーズにおススメのアーモンド

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%89

また、是非お奨めしたいのがアーモンドです。
アーモンドはグラムあたりのビタミンE含有量がナンバー1といわれるほど含まれています。ビタミンEは、肌の潤いや美しい髪にも不可欠な栄養素ですから、年齢的に薄毛が気になる方にも嬉しい食材です。
カルシウムやマグネシウム・亜鉛と言ったミネラルやトリプトファン・チロシンも含み、食物繊維も豊富。
さらに不飽和脂肪酸やオレイン酸、リノール酸といった良質な脂質も含んでいます。
但し、ビタミンEは熱に弱いのです。加熱せずに栄養分を有効に摂取したいですよね。
そこで生のアーモンドを使いアーモンドミルクを作っては如何でしょう?

最近では生のアーモンドを扱うお店も増えてきました。見つけたら、ぜひトライしてみてください。
ふつうの牛乳の替わりに使えば、nonメノポーズも夢ではありません!

アーモンドミルク

46168546 - almond milk in a glass bottle on white table, closeup, horizontal

【材料】

生アーモンド 1カップ
水 3カップ

【作り方】

①生アーモンドをよく洗い、たっぷりの水に8~12時間浸水させる
②①の水を捨て流水で洗ってからざるにあげる
③ブレンダーに②と水を入れ、滑らかになるまで撹拌する
④ナッツミルクバッグやガーゼ布で漉す
⑤お好みで甘味料やバニラエキストラクトを加える

*冷蔵庫で1週間(夏場は3.4日)・冷凍庫で2週間保存可能です。

 

 

あなたの台所を「キッチンファーマシー」にする、日本アンチエイジングフード協会公認のアンチエイジングフードジュニアマイスターレッスンが始まります。

14787731_999663610155579_1796064596_o

目黒 城レッスン(お申込みの方に後程会場の詳細をお知らせします)

野菜や果物、ナッツのビタミンや酵素をたっぷり摂取できるローフードを中心にしたヴィーガンと、和の発酵を薬膳ベースに融合させたNipponヴィーガン・ランチにお召し上がりいただきます。ローフードやヴィーガンなど最新の食養生法や、日本ならではの麹や乳酸菌、酵母を使った「ニッポンヴィーガン」、そして医師監修のアンチエイジングフード栄養学も学べる充実感たっぷりの1日講座です。
修了後は社)日本アンチエイジングフード協会よりジュニアマイスターディプロマが授与されます。

2016年11月22日(火)10:00~16:00
2016年12月3日(土)10:00~16:00
2017年1月31日(月)10:00~16:00
2017年3月3日(金)10:00~16:00

お申込みはこちらから・・・ 【公認アンチエイジングフード協会 ジュニアマイスターレッスン】
http://anti-agingfood.com/juniorlesson/lesson_jo.html

秋の夜長 ワインのお供に・・・スーパーフード「カカオニブ」

秋の夜長 ワインのお供に・・・スーパーフード「カカオニブ」

カカオは、東南アジアやアフリカ・中南米などで採れる植物で、チョコレートの原料で有名ですね。

カカオ-1

市販のチョコレートは、写真のカカオの実の中の豆を煎り、砕いて(カカオニブ)外皮を取り除き

さらにそれをすり潰してどろどろしたカカオマスにし、ミルクや砂糖・油脂を加えて作られているのです。ご存知でしたか?

カカオ2

このカカオ豆は代表的なスーパーフードの1つ。

近年その栄養効果が知られるようになってきました。

ビタミンCやマグネシウムやカルシウム、カリウム、鉄、亜鉛などのミネラルを豊富に含む他、

ポリフェノールが赤ワイン100mlに0.3g程度含まれているのに比べて0.8g含まれており、しかもその吸収度が非常に高いことが指摘されています(徳島大学寺山純二教授らによる実験)。

 

ガンや動脈硬化などの病気の原因を引き起こす活性酸素の働きを抑え、血中の悪玉コレステロールや酸化を防ぐ抗酸化作用があり、胃潰瘍やアレルギーの予防、ストレスにも効果があり、集中力や記憶力が上がることも検証されています。

 

さらにカカオバターの主成分であるステアリン酸は吸収率が低く低カロリーで、虫歯を抑制する効果まであると言われています。

加えて興味深いのは“幸福感”をもたらす神経伝達物質アナンダミドを含有する唯一の食材であるということです。

別名「ラブケミカル」と呼ばれるフェニルエチルアミンも含まれています。

チョコレートが多くの人に愛されている理由はそんなところにあるのかもしれませんね。

 

ただ健康効果があっても、市販のチョコレートは白砂糖や油脂類、乳製品、添加物などが大量に添加されていますから、体重増加や生活習慣病発症も心配。ダイエットや美肌・アンチエイジングを考えるとちょっと・・・とためらってしまいますね。

 

そこでお勧めしたいのがローカカオニブ!

カカオ3

ローはRaw、焙煎せず、天日や低温乾燥で作られているので、熱に弱いフェニルエチルアミンやビタミンCもしっかり摂ることができるのです。

 

おススメのカカオニブはこちら。

カカオ4

低温加工 ナビタス ナチュラルズローカカオニブ(227g)  \2,435

http://www.livinglifemarketplace.com/

カカオ5

拘りのバリの天日干し

BigTreeFarm ローカカオニブ(340g) \2,300

http://www.rawfood-lohas.com/index.shtml

 

甘味料は一切含まれていないのに コクがあってとびきり美味しいのです!

噛みごたえもあるので満腹中枢も刺激されて食欲も満たされますから、おやつ代わりに持ち歩くのにもぴったり!

 

ですが、この時期一番のおススメは、秋の夜長に赤ワインを片手に・・・!

赤ワインとカカオニブ 共にポリフェノールたっぷりの最強アンチエイジングコンビです。

 

同じくスーパーフードのゴジベリー(クコの実)と一緒に食べると優しい甘みと苦みとコクが広がり、更に幸福感が高まること間違いなしです。

ゴジベリーもビタミンB1・B2・Cやカルシウム・カリウム・亜鉛・鉄などのミネラル、 食物繊維が豊富ですから、万が一食べ過ぎてしまっても罪悪感無しなのもありがたいですね。

ただし健康とアンチエイジングのために 赤ワインは1~2杯程度で♪

 

 

ライター 城いつ子(リビングローフーディスト)