69442495 - chinese cabbage isolated on a white background

【玲子先生の常備菜】白菜一個使い切りレシピ!

冬の旬の野菜といえば白菜。 実は中国が原産の野菜です。 旬は11月から2月。 日本は東西に長いので、スーパーなどでは秋冬初春まで見かけるおなじみの野菜です。 薬膳的に白菜は ・体内の余分な熱を取り除く ・尿の出を促す ・ … “【玲子先生の常備菜】白菜一個使い切りレシピ!” の続きを読む

setsubun_mojiiri

【玲子先生の常備菜】節分の福豆で簡単使いまわしレシピ!

2月3日は節分です。 節分は「せち分かれ」といい、正確には年に四回ある季節の始まりの日、立春(2/4)、立夏、立秋、立冬の前日を指します。現代風にいうと大晦日といった感じでしょうか。 節分は古くは室町時代に始まったとされ … “【玲子先生の常備菜】節分の福豆で簡単使いまわしレシピ!” の続きを読む

pixta_24196098_m

【玲子先生の常備菜】おせちの叩きごぼうを簡単アレンジ

もうすぐお正月。お正月の準備もそろそろという頃ですね。 お節のお重には縁起がいいと言われているお料理が沢山入ります。 黒豆は一年まめ(まじめ)に働きまめ(健康)に暮らせるようにと 邪気を払い、無病息災を願ったものだったり … “【玲子先生の常備菜】おせちの叩きごぼうを簡単アレンジ” の続きを読む

14692163_1253901274680025_8696573340237791715_o

【玲子先生の常備菜】効能たっぷり!秋冬にうれしいきのこの展開レシピ

天候不順で野菜の値段が高かったこの秋。 そんな時でも値段が安定していたのは秋の味覚の代表でもある、きのこ類でした。 きのこはもともと自然に生える食材のひとつですが、現在では栽培化が成功し、えのき、まいたけ、エリンギ、ぶな … “【玲子先生の常備菜】効能たっぷり!秋冬にうれしいきのこの展開レシピ” の続きを読む

14193231 - bitter gourd isolated on white background

【旬をいただく】夏野菜ゴーヤのすごいパワーをまるごと食べよう!

子供の頃は苦いものが苦手だったのに、大人になってこの苦みがたまらなく美味しい!と思ったりすることはありませんか? 春野菜や山菜などの苦みはデドックスにいいと言われていますが、苦い野菜の代表のゴーヤはどうでしょうか? ゴー … “【旬をいただく】夏野菜ゴーヤのすごいパワーをまるごと食べよう!” の続きを読む

13639990_1087922911277863_185851833_o2

【旬をいただく】アンチエイジングにピッタリ、代謝を高める効果たっぷりの夏野菜ズッキーニを食べよう!

夏野菜がたくさんでてきました!夏野菜と言うときゅうりにトマトに茄子。 最近ではズッキーニという野菜も加わるのではないでしょうか? 私が子供の頃、いや、若い頃にもスーパーには並んでいなかった新しい野菜です。 ズッキーニの料 … “【旬をいただく】アンチエイジングにピッタリ、代謝を高める効果たっぷりの夏野菜ズッキーニを食べよう!” の続きを読む

13384946_1056437031093118_514615130_n

【旬をいただく】春夏に食べたい人参の食養生レシピ

この時期に八百屋さんに行くと色とりどりの野菜が並び楽しくなりますね。 有機野菜も随分と市場にでまわるようになり、色の濃い葉っぱのついた人参もお店にでていたりします。 日本は東西に細長く四季が列島をめぐっていますので、一年 … “【旬をいただく】春夏に食べたい人参の食養生レシピ” の続きを読む

11338088_M

【旬をいただく】春キャベツで、季節の変わり目の胃腸不調を乗り越えよう♪

とんかつに添えられたキャベツの千切り、ロールキャベツにコールスローと、キャベツは私たちの食卓の定番ともいえる野菜ではないでしょうか? キャベツの歴史は古く、紀元前の古代ギリシャや古代ローマでは既に栽培されていたと考えられ … “【旬をいただく】春キャベツで、季節の変わり目の胃腸不調を乗り越えよう♪” の続きを読む

49494462_s

【旬をいただく】血液サラサラ効果だけじゃない、春の新玉ねぎ

春が近づくと野菜売り場に並び始めるのが、白くてきれいな新玉ねぎですね。 新玉ねぎの旬は3月から5月。黄玉ねぎや白玉ねぎを早取りして乾燥させずに出荷されるので、水分が多くて実が柔らかく、玉ねぎ独特の苦みがないのが特徴です。 … “【旬をいただく】血液サラサラ効果だけじゃない、春の新玉ねぎ” の続きを読む