2015.08.05

夏を快適に!ハッカオイルを使いこなそう♪

LINEで送る
Pocket

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

夏を快適に!ハッカオイルを使いこなそう♪

ハッカ1

(出典:http://www.hakka.be/knowledge/species.html)

優秀な和ミントである精油としてのハッカ油はもちろんミント系なので、昔から緊張性偏頭痛や二日酔い後の頭痛、吐き気や乗り物酔い、風邪による頭痛やのどの痛み、鼻づまりの緩和に使われてきました。

そして、ハッカ油は元々食品添加物として、飴や飲料、お菓子など様々なものに、昔から利用されてきたので、口に入っても安心。

ハッカ2

♪おススメの簡単ハッカアイテム ハッカ水のマウスウオッシュ♪

ひと肌温度の100mlの水に一滴のハッカ油。よく振って白濁させたら、100mlの水を足してさらに振りまぜます。時間があれば、コーヒーフィルターで濾すと口当たりがよくなります。

食後の口臭、胃のもたれにもよく、風邪による喉の痛みや口内炎にも効く優れものです。もちろんそのまま飲み込んでも、大丈夫!ハッカオイルの殺菌力によって、あれ?ちょっと風邪っぽい?というときにうがいすると、翌日はすっきりします。

ハッカ3

♪バックに一瓶、携帯ハッカオイル♪

また、ハッカオイル自体を小さな瓶にうつして、電車の中や会議中の部屋の中で、ひどく咳き込む人のそばにいて、うつりそう・・・と思った時、鼻に近づけて「くん」と家具だけで、呼吸器から入りそうになっているウイルスを撃退することも♪

もちろん、アロマオイルとして部屋やトイレの芳と消臭、クリームやせっけん、バスオイルとしてや、お客様のおしぼりにぽとりと一滴垂らして涼のおもてなし・・・とあらゆるものが一本のハッカ油があれば手作りできます。

ハッカ4

♪虫よけもできるクール和ミントスプレー♪

ハッカ油と無水エタノール、精製水があれば、手作りのクールミントスプレーが作れます。ハッカ油はこの時期ゆううつなゴキブリや蚊などの虫が大嫌いな匂いなので、さわやかな涼感と共に、虫よけもできてしまう優れものです。コットンボールにハッカ油をしみこませ、通り道に置いておくと虫よけにもなります。

また精製水にハッカ油を数滴いれ、ペーパータオルに浸してジップロックなどにいれて持ち歩けば、無添加のノンアルコールのウエットティッシュも作れます。

またハッカ油は抗菌作用も有名なので、使用後のまな板にハッカ油を一吹き。防虫にも抗菌にもなる、これまた優れものです。

 

手軽に薬局などで購入できるハッカ油。日本薬局方として様々な会社から出ています。お値段もアロマオイルに比べ、とてもお手軽。気兼ねなくじゃんじゃんいろんな用途に使えます。本当に薬局にあるの?と思いますが、「ハッカ油ください!」と聞いてみてください。後ろの棚から出てきます。ちょっと秘密の香りがしてドキドキ♪

この夏は安心な国産『和ミント』で、いろんな手作り「涼」アイテムを楽しんでみませんか?

 

 

 

この記事を書いたORGANAキュレーター

唐澤佐千子
唐澤佐千子オルガナ編集長
アンチエイジングフードマイスターリーダー。
雑誌・広告のスタイリスト・エディター〜公益法人理事を経て、オーガニックで丁寧な暮らしを提案するwebマガジンORGANA編集長。
高2DK、黒ラブ娘10歳、パートナーと二世帯暮らし。陶芸、ナンタケットバスケット、カルトナージュ、グルーデコなど手仕事大好き♪ヨット、ゴルフ、テニス、スキーはお付き合い程度な体育会系。
LINEで送る
Pocket