2017.07.13

ナチュラルコスメの本当のこと・・・知っていますか?ナチュラルコスメプロデューサー 小松和子さん

LINEで送る
Pocket

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

ナチュラルコスメプロデューサーの小松和子さん。
メイクアップアーティストとして、長年美容とメイクアップに関わってきた中で得た確かな肌知識。そして、たどり着いたエシカル&ナチュラルコスメという選択。日本のナチュラルコスメ界の第一人者である小松さんに、ナチュラルコスメについてお聞きしました。

メイクアップアーティストからナチュラルコスメプロデューサーに。

私が目指していたのはメイクアップアーティストだったのですが、私たちの時代は美容師からメイクアップアーティストになる時代。美容師の資格も取りたかったので、美容室に最初は勤めました。当時の美容室はもちろんケミカル成分ばかり。ある時、最初は手から、最終的には全身にアレルギーがでたんです。なんとか抑えて、呼気からの吸収も抑えようとマスクでサロンに立つ日々。お店の方にも協力してもらい、なるべくシャンプーをしないようにして過ごしていました。そうしているうちに、今度は30歳ころ、自律神経がやられて、同時に化学物質過敏症になってしまったのです。それで、もう全面的にTVドラマ・CM・映画・雑誌、様々なメディアでのフリーのメイクアップアーティストに。しかもカラダに負担をかけないナチュラルコスメのみを使ったスタイルを追求するようになりました。

ナチュラルコスメにこだわりをもったきっかけはなんだったのでしょうか?

今ではネイルをしただけで胸が痛くなるくらい、感覚が敏感になっています。爪は角質の最終形ではありますが、爪の際まで毛細血管はきているわけで、やはり経皮吸収してしまうのです。そして、ケミカルではないネイルはないといって過言ではない。私は、ネイルは乳がん、子宮がんの元になると確信しています。現にネイリストのこれらの疾病の発症率はとても高いという実感があります。やはり、ケミカル成分に常時触れている職業の方には本当にアレルギーやがんが多いのです。
元々、人間はそういった化学物質への違和感はもっているはずですが、それを気が付かないように無意識にしているというか。ちょっとした不調も気が付かないようにして、健康だと思い込む。
だからといって、あれはダメ、これはダメと、ダメなもの探しをするのではなく、なるべくオーガニックでお肌やカラダに負担のかからない商品でキレイになる方法や選び方を伝えたい!と思ったのがきっかけです。

ナチュラルコスメとは?~環境配慮コスメという選択

当時、ナチュラルコスメの使い勝手はあまりいいものとは言えませんでした。色数も少なく、オーガニックだから、カラダに負担の少ないものだからとあきらめて使っていた人も多いと思います。
私は肌知識のエキスパートとして、どういうメカニズムで化粧品が肌に浸透するのか、どのくらいの量を使えば商品がうたう効果がでるのかなどがあいまいな情報を、きちんとスキンケアの理論で伝えることで、オーガニックだからといって効かないことはないということを、消費者にもメーカーにも販売店にも伝えていっています。
また、オーガニック認証をとっているからといって、本当に安全でノンケミカルというわけでもない。世界でも日本でも認証基準はそれぞれなので、一概には言えなくなっていて、ノンケミカルで本当によい原材料をつかった商品なのに、オーガニック認証はとらないというこだわりがあって、あえて「オーガニック」コスメとは呼びたくないメーカーさんも多いのが現状です。

元々皮膚は0.02ミリまでしか基本的には浸透はしないもの。世の中の成分をうたっているものは、あくまでも原料の段階での効果で、それがもし真皮まで浸透したら・・・という仮定の表現なんです。そこを間違えて使っている人が多い。世の中の商品のほとんどは、ナノ化以外真皮までは「浸透させない」商品が多いのが事実なんです。
でも、私の選ぶ基準の中でNGとしているのが、「ナノ化」と「酸化チタン」。
化学的なものを異物として拒否して守る作用のある皮膚や皮脂に無理やり化学成分を届けてしまうナノにいいことはありません。酸化チタンは主に日焼け止めやパウダーに使われていますが、鼻や目の粘膜に近いため、必ずカラダの奥にはいってしまいます。そして酸化チタンは脳の血管を損傷させるという研究論文がすでにでている成分です。これらの成分が入っているものは、基本的に私はおススメしません。

本当によいナチュラルでオーガニックなファンデーションは、優秀なクリームと同じくらいの効果があるものなのです。ナチュラルコスメに含まれる植物成分は、お肌の沈静と活性の力でお肌の自然治癒力を取り戻し、キレイになるのがメカニズム。正しい植物成分の理解とそれを最大限に生かした処方を使えば、ナチュラルコスメは本当に優秀なのです。
そして、健康な本来の姿に戻すことが、本来の美容効果。そういうものは環境負荷もかけない。結果的に「エシカル」なんです。私は、そういう商品を「環境配慮コスメ」と提唱し、余計なものはいれないことをメーカーにもアドバイスしています。

ナチュラルコスメの正しい使い方を講座では教えてらっしゃるそうですが。

例えば、SPF効果のあるパウダーの使い方があります。このパウダーでSPF30の効果をだそうとするとどのくらいの量が必要かわかりますか?実はこれだけの量をお顔に塗らなくてはならないんです(写真参照)。

IMG-8867
これだけの量、きちんと使っていますか?たぶんほとんどの方がこれの1/3くらいしかつかっていません。
また、日本は湿度がとても高いので、撥水力がないものは汗や水で流れてしまい、有効なSPF力を出す量がお肌をカバーしていられない。つまり、もはや日焼け止めでさえない商品になってしまう。そして、一見ケミカルな撥水力はナチュラルコスメでも可能です。ですから本当に日焼けを防ぎたければ、SPF値が低くても、撥水力のあるものを選ぶべきということです。

原料をきちんと知ることが重要・・・?

ナチュラルコスメを選ぶ方の多くが「界面活性剤は悪者だ」と思っていると思います。でも、界面活性剤はなんでもNGというわけではありません。
コスメの成分は、「水・油・保湿剤」でできています。多くの化粧水の成分を見ていただくと、一番多いのは水。皮脂膜を潜り抜けて0.02ミリの角質層を一番先に潤す水は、分子の小さい水であることが大切です。じゃあケミカルな処理で水の分子を小さくしたものを使うのか。実は、自然界には元々分子が小さくなった水があります。それが、へちま水、アロエベラ水や白樺水などです。へちま水に至っては、茎を切って一升瓶にためたへちま水はそのままでも1年間腐りません。また、へちま水には200種類の含有成分があって、その中でもサポニンは天然の界面活性剤といわれています。

水を変えることは、化粧水のグレードを変えるということ。ただの水をいれるのではなく、よりグレードを高くする自然な成分を使って良い化粧品をつくること、これを私は提案していきたいと思っています。

IMG-8872

ナチュラルコスメプロデューサーの役割とはどういうものだとお考えですか?

ナチュラルコスメの商品力が上がり、「同じ買うなら、自然のよい成分を活かした処方になっていて、アレルギーでも使えるくらいお肌に優しくて、色もいいならそちらを選びたいよね」消費者にそう思ってもらえる商品を増やして、ケミカルな化粧品会社が、「あれ?消費者はそういう商品を求めているぞ?」と気が付くまで、質を高めていくこと。そして、消費者にも正しい知識を得てもらい、正しい選択力をつけること。これがナチュラルコスメプロデューサーの役割と思っています。

また同時に販売店やバイヤーがメーカーに頼ることなく、自力で売ることができる「学び」を身につけてもらい、自らの意識を高めていってもらいたいと思っています。
そのために、「ナチュラルライフ&ビューティスクール」を開講しています。たくさんの製品の中から何をどう選ぶのか、オーガニック&ナチュラルの本質とはなにか、エシカルな生き方にも役に立つコスメやお肌の知識を、理論編と実践編の1日講座でお伝えしています。ベーシックコースはどなたでも受講可能で、さらに企業や小売店などで講演ができるプロフェッショナルコースも用意しています。1クラス6₋8名の少人数で、国内外40ブランド以上のナチュラルコスメを試すこともできます。健康のためのライフスタイルあっての美容です。たった一人でも、この知識を求めてきた方には伝えてあげたい、そんな気持ちでやっています。

IMG-8871

ナチュラルコスメにこんなに情熱を傾けて、商売度外視(笑)で尽くしている方がいることに、「本当に神様からこのお役目を託された方なんですね」とインタビュー中、何度呟いてしまったことか。よい化粧品やアイテムは波動も高いもの。突き詰めると本物というものはみな気持ちの良いエネルギーをもっていて、結果、多くの人を引き付けるものです。
小松さんのアトリエ・スセリもそういう商品であふれているせいか、とても居心地のよい気持ちのよい場所。皆さんも今使っているコスメに悩んだら、ぜひ1日講座のスクールに参加してみてはいかがでしょうか?1日講座のスクールのほか、一般向けパーソナルカウンセリングや、メイクアップ講座も。
ここにはきっと本物の答えがある!そう確信したインタビューでした。

小松さんおススメのナチュラルオーガニックブランド●
メイクアップアーティスト、そしてプロデューサーの小松さんは日本で流通するほとんどのナチュラルコスメを知り尽くしているプロ中のプロ。小松さんに日本で販売されているおススメブランドを聞きました。
キャロルブリースト、ネオナチュラル、フレッシュ、Drハウシュカ、クレコス
などがおすすめだそう。

web_top_image_1114

また、小松さんがプロデューサーとしてかかわったBabuは、メイクアップアーティストとしてのキャリアが最大限に生かされた「使える」コスメ。色のバリエーションも外したところが一つもなく、BBクリームは美容液なみのクオリティ。実はコンシーラー、BBクリーム、パウダーと使うことで最高のスキンケア力を発揮するシステムが組まれているそう。もちろん原料はオーガニックで無農薬の植物成分たっぷりのもの。余分なものは一切はいっていません。使い心地、使いやすい色味、健康に考慮された成分ということなしのブランドだそうです。

ナチュラルライフ&ビューティスクール ベーシックコース
12:30-17:30 25,000円
日程はスクールホームページをご確認ください。

IMG-8870_2

 

小松和子さん
TVドラマ・CM・映画・雑誌など数々の分野でフリーのヘアメイクアップアーティストとして活躍する中、自身の化学物質過敏症をきっかけに肌と化粧品に関する知識を独学で学び、2008年からナチュラルコスメ専門のヘアメイクアップアーティストとして転身。現在はナチュラルコスメプロデューサーとしても化粧品開発のプロデュースや肌とナチュラルコスメに関する講演・講座・企業研修・展示会・イベント・店舗プロデュースなど幅広く活躍中。kazuko-komatsu.jp/

salon_about_img

アトリエ・スセリ
住所|東京都港区南麻布1-5-14 麻布東町マンション301
電話番号|080-3495-8757

この記事を書いたORGANAキュレーター

唐澤佐千子
唐澤佐千子オルガナ編集長
アンチエイジングフードマイスターリーダー。
雑誌・広告のスタイリスト・エディター〜公益法人理事を経て、オーガニックで丁寧な暮らしを提案するwebマガジンORGANA編集長。
高2DK、黒ラブ娘10歳、パートナーと二世帯暮らし。陶芸、ナンタケットバスケット、カルトナージュ、グルーデコなど手仕事大好き♪ヨット、ゴルフ、テニス、スキーはお付き合い程度な体育会系。
LINEで送る
Pocket