2015.08.18

ターシャの農場の12か月  大切な友人に贈りたい1冊ならコレ。

LINEで送る
Pocket

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

オルガナ女子なら、手に取るだけでわかる、伝わる一冊をご紹介。

ターシャ・テューダーの生きる喜びと美しさが満載の絵本です。

ターシャ1

ターシャ テューダーの人生は、誰もが一度は憧れるのではないでしょうか?

広大な庭で、季節ごとの美しい庭を作り、

自給自足の暮らしを季節とともにつづってきたターシャ。

でも彼女の人生は私達が思うほど、順風満帆ではなかったようです。

 

50代から自給自足の生活をほぼ一人でスタート・・・。
離婚も経験し、男性という労働力が足りない中、冬の厳しさ、想像を超えたさまざまな作業などをこなしながら、憧れだけではできない厳しい生活と表現を成し遂げていきました。

四季折々の美しい庭をはじめ、絵本や人形など素晴らしい作品群を残しています。

ターシャ2

http://bc.mediafactory.jp/book/tasha/より

数多い彼女の絵本作品の中でも、この本の中は、春夏秋冬の季節の移ろいやイースター、クリスマスなどの

瞬間瞬間を一番美しく描いていると思います。

子ども向けではあるのでしょうが、実際はオトナに読んでいただいたほうが、心に届くと思うのです。

動物、農場の作業などのシーンがそれはそれは可愛らしく、忘れかけていた春の芽吹き、春と夏の間の木漏れ日、夏のちょっとさみしい夕暮れを思い出させてくれます。

ひとり、ゆったりと紅茶などを飲みながら美しい自然の中での暮らしに思いをはせたいとき、めくってみてください。

 

ターシャ・テューダーとは?
(1915~2008 享年92歳)

絵本作家・人形作家・絵本画家挿絵画家園芸家。彼女の描く絵は「アメリカ人の心を表現する」絵と言われ、クリスマスカード感謝祭ホワイトハウスのポスターによく使われている。50歳代半ばよりバーモント州の小さな町のはずれで自給自足の一人暮らしを始め1800年代の農村の生活に学び、彼女の住む広大な庭で季節の花々を育て続けるライフ・スタイルは、日本でも注目を浴びている
(ウィキペディアより)

ターシャ テューダーの本はこちらからも

http://bc.mediafactory.jp/book/tasha/

(メディアファクトリーHPより)

ターシャ3

喜びはつかむもの

ターシャ4

クラシックコレクション アマンダとくまの子

 

女子のライブラリーにふさわしい、美しい絵本たち。

ぜひあなたのコレクションに加えてください。私はイラストを真似して書きたくなりました。

 

 

 

この記事を書いたORGANAキュレーター

青木淳子
青木淳子
・オルガナ代表
・(社)日本アンチエイジングフード協会常任理事
・青山エルクリニック事務長
長野県中条の裏山、畑、田んぼ付きの古民家「美園居」で週末里山暮らしを実践。美しき自給自足生活を目指す。
ブログ:青木淳子の信州スタイル~花園居(かぞおのきょ)の週末暮らし~
http://blog.kazoonokyo.com/
LINEで送る
Pocket